過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オセロー

特に用事のない週末はノンビリ過ごすに限ります。


試合の前日なんで遠くに遊びに行くのも嫌だし、ずっとゴロゴロしてるのも勿体無い!!


そんなこの日はオーバードホールにて「オセロー」の舞台をやるというので、当日券買って見て来ました^^


当日券なのにこんなイイ席でもいいのか?って思いながらも初めて生で見る舞台。とても素晴らしい経験でした。


今まで演劇は中学校の演劇部が文化祭にやるようなものしか見たことがなかったわけで、初めて見るプロの演技はとてもとても素晴らしくて、私のような全く文才のない人間がカッコ良く感想書こうにも全然伝えられなくて情けないんですが、とにかく良かったです。


生蒼井優も超カワイカッタ・・・。
あんな子を殺すなんて信じらんない・・・。


これからはこういった舞台とかも積極的に見に行きたいと思った日でした。

PS.こういう機会では必ず携帯の電源はOFFにしましょう!今日は超大事な場面で2回も着信音を響かせる不届き者がいて、スゲー不愉快でした(怒)
[PR]
by 100231 | 2007-10-28 00:30 | 作品紹介
立山リーグ リーグ最終戦。
2リーグに分かれて戦い、各リーグ1位が優勝決定戦へ進出できる。
ここまでリーグを首位を守り続けてきたFREESTYLE。最終戦は4部の中でも確かな力を持ち、今大会圧倒的な優勝候補でもある「さんさんアンテロープス」。
地元チームということで主催者側からも期待を集める相手。外部からの参加のバッドボーイズFREESTYLE・・・。ちょっとアウェー気味。
勝つか引き分ければ文句なしの首位通過。負ければ他のチームの成績しだいでは首位陥落。
FREESTYLEにとって今年1番の大勝負を迎える。

<戦評>
1Q
いつも通りの3-2ゾーンで守るFREESTYLEに対して、2-3ゾーンで守るさんさんアンテロープス。
3-2ゾーンにミスを連発するさんさんアンテロープスに、シュートミスを連発するFREESTYLE。
両チーム重たい立ち上がりとなる。
2Q
徐々に両チームともエンジンがかかり始める。
キーになるのは2人の新加入選手。FREESTYLEは新加入#15坂本にボールを集め、さんさんアンテロープスも新加入#19一平を中心に点数を取る。互角の戦いはシュート成功率の差でFREESTYLEが10点リードで折りかえす。
3Q
スタートで#7優介の3Pで点差は最大の13点差となるものの、ここからさんさんアンテロープスの猛攻が始まる。FREESTYLEはファールで流れをとめようとするものの、一度勢いに乗った相手を抑えることが出来ず、点差は一気に詰まっていく。
追い討ちをかけるように#5シンタロウが5ファール退場。
勝負は残り10分で振り出しに戻る。
4Q
勢いが止まらないさんさんアンテロープスは粘るFREESTYLEを尻目にとうとう逆転に成功する。
このままズルズル点差が広がるかと思いきや、#31碓井の3PでFREESTYLEが再逆転。ここから勝負はどちらも2点差以上つけれないクロスゲームとなる。
残り5分、負傷退場になる#31碓井の代わりに怪我を堪えて出場した#4山崎がディフェンスで活躍。ブロックショット、リバウンドと攻め込まれそうになるFREESTYLEゴールを身を挺して守り流れを引き寄せる。
オフェンスでは#11得地が連続得点し、再度リードを5点に広げる。
このリードを最後まで守り、試合終了。

FREESTYLEが見事勝利!
これで立山リーグ同組首位確定。初タイトル獲得に向け、優勝決定戦に挑む!!

 FREESTYLE  ―  さんさんアンテロープス
       13  ―   9
       21  ―  15
       18  ―  27
       19  ―  18
      ――――――――
       71  ―  69
得点
#15  坂本     14得点
#5   シンタロウ 10得点
#4   山崎     10得点
#7   優介     10得点
#10  松尾     10得点
#31  碓井      9得点

アシスト
#10  松尾    6本
#31  碓井    3本
#7   優介    3本
[PR]
by 100231 | 2007-10-15 22:23 | バスケットボール

謝謝

メールが来るまで忘れてました。

私もまた1つ年を取ったのですね・・・。


まあ、本人ですら覚えてないのですから誰も覚えてるわけないんですが、数名オメデトメールをくれるナイスな人達がいました。


正直、始まりは全く赤の他人なのに。
知り合って、
仲良くなって、
こうして誕生日までも覚えてもらえる。

とても光栄なことです。


そんな赤の他人だった人物のことを思い出して、
『オメデトー』とメールを送ってくれる人たちに最大級の感謝を!!

謝謝!!
[PR]
by 100231 | 2007-10-02 23:39 | ひとり言