過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

vs さんさんアンテロープス

第3回立山リーグ リーグも終盤戦に突入。
こんなはずではなかった。前回王者FREESTYLEまさかの大苦戦・・・。
前回大会無敗のチームがここまでまさかの2敗。これ以上負けると優勝の可能性が完全に無くなる崖ぷっちの状態。
相手は今大会の優勝候補『さんさんアンテロープス』!去年の試合では1点差で勝利したものの今年は更に戦力を強化し、圧倒的なチーム力を誇る。
FREESTYLE大一番に臨む。

<戦評>
1Q
C山崎欠場によりスモールラインナップで試合に臨むFREESTYLE。スタートはC#11うっちー、F#15坂本、Gに#10松尾、#4榊原、#31碓井の3ガード。
さんさんアンテロープスがマンツーマンディフェンス、FREESTYLEが3-2ゾーンでスタート。相手の#6、#20のドライブとゴール下でのプレイに手こずるが、ゾーンで手厚く守り簡単に点を獲らせないFREESTYLE。また、オフェンスではスタメン全員が1Qで得点を獲り、的を絞らせない展開。19-14で第1Qを終える。
2Q
序盤、#11うっちー、#7優介の連続得点で10点差まで広げるも、さんさんアンテロープスも徐々に調子を取り戻す。#6、#20がしっかり点数を重ね、残り3分で2点差まで詰め寄る。
しかし、#11うっちーが流れを渡さない。このクォーターチームの半分の得点を挙げる活躍で、流れを取り戻すと、終了間際には#10松尾、#31碓井がしつこいディフェンスから相手の#6から2度のオフェンスをもらう。#6はこの後もファールを犯し、前半だけで4つのファールとなる。
後半に向けて相手エースの動きを封じ、35-29で試合を折り返す。
3Q
勝負の後半戦。
相手の#6が4ファールで試合に出れないこともあって、中々波に乗れないさんさんアンテロープス。一方FREESTYLEは出る選手がそれぞれ得点を重ね、流れをがっちり放さない。
リードを8点差に広げ、最終4Qに突入する。
4Q
序盤、さんさんアンテロープスが連続5得点を取り、最後の猛攻を見せる。しかし、FREESTYLEはここまでほとんど活躍のなかった#15坂本がようやく目覚める。1人で連続8得点を挙げ、勝負あり。
その後も粘るさんさんアンテロープスの攻撃を防ぎ、試合終了。

これで崖っぷちから一歩前進。大混戦の立山リーグを抜け出すことはできるのか?

 FREESTYLE  ―  SCRATCH
       19  ―  14
       16  ―  15
       17  ―  15
       17  ―  12
      ――――――――
       69  ―  56
得点
#11  うっちー  20得点
#15  坂本    12得点
#31  碓井     8得点

リバウンド
#11  うっちー  12本
#15  坂本     9本
[PR]
by 100231 | 2008-10-06 23:04 | バスケットボール