過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

vs SCRATCH

第3回立山リーグ リーグ開幕。
デフェンディングチャンピオンの我らがFREESTYLEが開幕戦まさかの敗戦・・・。ベンチメンバーの層の薄さから、後半に調子を落としての負けが多くなり、公式戦でも過去5試合で1勝4敗と不調のチーム。
相手は前回大会上位に入ったSCRATCH!開幕2戦目でいきなり正念場となる試合が始まる。

<戦評>
1Q
思ったように試合前の調整が行えなかったFREESTYLE。スタートは膝に不安をかかえる#10松尾を外して、#7奥野を入れ、#4山崎、#11うっちー、#15坂本、#31碓井で試合を迎える。
両チームマンツーマンディフェンスでのスタート。前試合31得点した#15坂本だが、相手エース#7とのマッチアップで上手くシュートまで行けない。また、ディフェンスでは#7奥野がいきなりのファウルトラブル…。開始6分で3ファウルとなり、早々に#10松尾投入を余儀なくされる。
FREESTYLEは展開の早い攻撃を繰り返し、18-18で第1Qを終える。
2Q
FREESTYLEは序盤から相手のファウルトラブルを誘う攻撃を繰り返し、徐々にSCRATCHとの差を引き離していく。更に、#10松尾、#15坂本の連続3Pが決まり、一時7点差まで広げる。
このまま前半を折り返すかと思われたが、ここからミスを重ね、SCRATCHの反撃を受ける。7点あった点差は一気に点差を縮められ、40-39と後半に不安を残して試合を折り返す。
3Q
勝負の後半戦。
後半で調子を落とすFREESTYLEにとっては正念場の3Qのはずが、またもや流れを失ってしまう。
開始5分で決めたシュートは#27富田の2点のみ。その間にSCRATCHは13もの点数を積み重ね、点差はこの日最大の10点ビハインドとなる。
しかし、ここからのFREESTYLEはいつもと違った。ディフェンスから流れを取り戻し、#10松尾の連続7得点でなんとか3点ビハインドまで追い上げ、勝負の4Qへ繋げる。
4Q
FREESTYLEは3Q終了間際に掴んだ流れを離さない。#15坂本のスピードあるプレイと、#11うっちーの体をはったプレイで逆転!また、勝負所で#31碓井が連続得点を上げ、一気に7点差とする。
その後も粘るSCRATCHの攻撃をチーム全員で守り抜き、試合終了。
苦しみながらも立山リーグ1勝目を上げる。

 FREESTYLE  ―  SCRATCH
       18  ―  18
       22  ―  21
       15  ―  19
       28  ―  16
      ――――――――
       83  ―  74
得点
#10  松尾    21得点
#15  坂本    19得点
#11  うっちー  18得点
#4   山崎    17得点

リバウンド
#4   山崎    11本
#11  うっちー   9本

アシスト
#31  碓井     6本

スティール
#4   山崎     2本
#11  内浦     2本
#31  碓井     2本
[PR]
by 100231 | 2008-05-25 16:44 | バスケットボール