過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここが自分の居場所

暑い日差しを受けて走るは、我が愛車のX-TRAIL。

止まるは馴染みの中学校の体育館前。

暑くてだらけそうになる気持ちと顔を引き締めて体育館の中へ・・・。



蒸し風呂のような体育館の中には汗ダラダラのプレイヤー達。

遅れて到着するコーチに気づくや否や、「コンチワー!!」の挨拶とともに全員集合。

ビシっと一言言って、練習再開。嫌でも練習がピリピリしてくる。



更に遅れること数十分。アシスタントをしてくれている後輩達が何人か来て、最近のチームの状態を報告してくれる。

練習の進み具合は?練習内容は?1軍、2軍メンバーの状態は?等など・・・。

それに対して今後の指導方針、練習内容の話し合い。

練習後もスタッフみんなで話し合い。話し合い。

時には深夜だろうが集まって話し合い。とにかくスタッフ間のコミュニケーション不足・指導方針の違いは避けたい。


その話し合いを生かして、また新しいメニューをさせる。

時間はどれだけあっても足りない。教えることは山ほどある。

だけど一度に多くのことを望んでもいけない。

だからと言って、教えずに後悔することもしたくない。

時間はどれだけあっても足りない。

自分たちは挑戦者。教えなきゃいけないことは山ほどある。

だから時間を削って指導しに行く。



こんな毎日を続けていると、これが当たり前になってくるんだな~。

なんかみんなが大変そうだとか、忙しそうとか、意味あるの?みたいなことを聞くんだけど、聞くだけ野暮。

これが自分のやりたいことで、ここが自分の居場所。


自分1人で必死に40人近くのプレイヤーを見てきた去年とは違って、今は自分の周りにもスタッフがいる。

志が同じ仲間がいる。

自分を必要としてくれているプレイヤーたちがいる。

それがすごく幸せで、とても心強い。


こいつらと一緒に上を目指したい。

「成功とは成功するまで続けることを言う」

ここが自分の居場所。誰にも譲れない自分たちの居場所。
[PR]
by 100231 | 2007-08-07 00:10 | バスケットボール