過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

vs Raffish

立山リーグ第3戦。
2リーグに分かれて戦い、各リーグ1位のみが優勝決定戦に残る。
前節ドローに終わったFREESTYLEを始め、各試合で波乱が起こりどこが抜け出すかわからない展開。
チームも優介、得地、奥野、南茂が欠場。碓井、松尾、シンタロウが怪我でまともに動けるものがいない最悪の状態。
新加入の冨田、助っ人参戦の三輪を含め、試合に出れるのはわずか6人の中、厳しい戦いが始まる。

<戦評>
1Q
いつも通りの3-2ゾーンで守るFREESTYLEに対して、マンツーで守るRaffish。
チームの稼ぎ頭の優介がおらず、碓井、松尾のアウトサイド陣が怪我とオフェンスが普段と全く違うことに慣れないチームに対し、Raffishも攻めきれず、両チーム重い立ち上がりとなる。
2Q
1Q同様、どちらもなかなかエンジンがかからず、我慢比べの試合へとなっていく。両チーム守りあいの中、どちらも2点差以上の点差が離れることなく、FREESTYLEの2点ビハインドで前半を終了する。
3Q
点差が離れず両チーム息を抜けない展開の中、#31碓井がなんとか点数を取っていく。この試合10得点中8得点をこのクォーターで上げ、ようやく逆転に成功。勝負は4Qへ・・・。
4Q
この試合を象徴するかのような両チーム重い立ちあがり。3分経過しても点差は2~4点を前後し、どちらが勝つかわからない状態。
しかし、残り7分からの約4分間。FREESTYLEの猛攻が始まる。
#31碓井をベンチに下げて#11冨田を投入し、ディフェンスも3-2から2-3のゾーンに変更。急な変更に攻めることのできないRaffishに対し、#5シンタロウの連続3Pなどで一気に畳みかけ、この4分間のスコアを14-0とし、勝負を決める!
最後は焦る相手に冷静に対処し、時間を稼ぎ、苦しい試合をものにした。

これで立山リーグ同組首位をキープ。初出場の立山リーグで優勝を目指す!

 FREESTYLE  ―  Raffish
       14  ―  17
       13  ―  12
       16  ―  12
       15  ―  13
      ――――――――
       68  ―  54
得点
#5   シンタロウ 18得点
#7   三輪     13得点
#4   山崎     12得点

リバウンド
#4   山崎   23本
#11  冨田    7本

スティール
#10  松尾    3本
#7   三輪    3本

ブロック
#4   山崎    3本

アシスト
#31  碓井    3本
[PR]
by 100231 | 2007-07-22 18:08 | バスケットボール