過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

vs TOYAMAスターズ

 FREESTYLE  ―  TOYAMAスターズ
        5  ―  16
       16  ―  30
       23  ―  18
       24  ―  24
       ―――――――
       68  ―  88

<戦評>
最悪な展開、最悪な審判。
とにかくミスジャッジが目立ち、あからさまに相手ヒイキのジャッジが繰返される。
更に相手の身長にビビッたうちのインサイド陣が崩壊。ほとんどの点数をインサイドから決められ、前半で致命的な点差をつけられる。
後半、相手の高さに対してスピードで勝負するFREESTYLE。しかし、それでも審判によって流れを切られ、審判のせいで相手のペースから抜け出せない。
最終4Q、オールコートプレスからの展開の早いバスケをしてきたFREESTYLEの猛攻が始まる。#7優介、#10松尾の連続3Pで流れを掴み、最大25点差の得点差を10点差まで詰め寄る。
残り7分。誰もが逆転できる!と思ったその瞬間。最悪の出来事が・・・。
#31碓井が相手のラフプレイによって負傷。交代を余儀なくされる。
流れが途切れたFREESTYLEに、追い討ちをかけるように審判のミスジャッジが繰り出される。
結局、そのまま反撃に転じることも間々ならないまま、試合終了。
後味の悪い試合。FREESTYLE初の黒星となる。

得点
#10  松尾   21得点
#7   優介   20得点
#31  碓井   11得点

リバウンド
#4   山崎   10本
#11  得地   6本

スティール
#7   優介   4本

ブロック
#4   山崎   2本

アシスト
#31  碓井   5本
[PR]
by 100231 | 2007-04-29 21:32 | バスケットボール