過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

下っ端って・・・。

何事においても上下関係はつきものです。
仕事、学校、アルバイト、部活などなど、団体生活をすると自然と統率するものと統率されるものが出てきます。
今日の仕事はまさにそんな図式が見事に出た形になりました。


本日の仕事も終わりにさしかかり、就業後の予定を考えていると営業から電話が・・・。
聞くと、以前その営業さんから依頼された製品の金型納期はいつか?というもの。
この製品、うちの常務が引っ張ってきた仕事らしく、図面を描くのも何をするにもめちゃくちゃな納期を言ってくるあまり関わりたくない仕事・・・。

確か数週間前に報告したような・・・?と思いつつ、再度納期を確認することに。
しかし俺がその納期を他部署に確認して報告すると、その納期じゃ遅いから早くしてくれと・・・。
仕方なく金型課(上司)に頭を下げて何とか納期を早めてもらうことに・・・。

しかし、いざ金型納期を早めても、実際の成型予定日を入れようにも工場の予定が一杯で成型できない状態に・・・。
今度は工場の予定を立てる人と相談することに・・・。しかし、こいつは俺の同期!中々言うことを聞いてくれません。
当たり前です。もうすでにその週の予定まで立てられており、しかも空きがないのですから・・・。今から急に予定を変えても現場の人たちに文句を言われるだけです!

作れないならしゃ~ない。と思い、営業に報告。
しかし、営業も中々引きません。どうしても早く作ってくれ!と言い張ります。

なんでそんなに急ぐのか疑問に思って聞いてみると、すでに客先納期ギリギリで今の予定では完全に間に合わないらしい。

???なんで???
以前言った納期にすらなってないのに、なんですでに納期ギリギリなの?
なんでか聞いてみると、どうやら俺が以前教えた納期を勘違いして聞いており、客先に間違って教えたご様子・・・。
俺関係ないじゃん!!!てめぇが悪いんじゃん!!!
なんて思ってても言えないのが下っ端の悲しいところ・・・。
同じ平でも一応彼のほうが先輩に当たるわけです。

しかし、作れないものを作れと言われても仕方ありません。最大限の努力はしますが、それ以上は多分無理だと告げ、もう一度生産計画係の同期に当たることに。
結局、数日早めることには成功するも、未だ営業の予定納期には全然間に合いません。
営業は何とか納期を遅く出来ないか。と客先に問い合わせるも、お客さんは怒ってしまう始末・・・。

設計の平と営業の平と生産管理の平での水面下の攻防が続く中、決着をつけたのはいきなり登場してきた常務の一声でした・・・。
電話で生産計画係の同期に対して「この日に予定を組め!!」と怒りの一言。
これですべて解決です。
平社員がこれに対抗できるはずがありません。この一言で営業の要望どおりの納期に間に合うことになったのです。

そしてこの件で一番被害を被ったのは、間違いなく俺の同期で生産計画係の彼です。
自分は悪くないのに常務に怒鳴られ無理な予定を入れられ、自分が立てた予定をほどんど修正するハメになり、そして結局は現場の人にまた怒られることになるのです。

常務は自分が引っ張ってきた仕事なもんで、自分のメンツを守るためだけに無理な予定を入れ、納期を守られ大満足なことでしょう(--;)

確か「踊る大捜査線」でワクさんはこう言いました。
「正しいことをしたければ偉くなれ!」
全くその通りだと思います。
[PR]
by 100231 | 2006-11-22 22:43 | ひとり言