過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

史上最大の迷惑

昨日の内容を読んでない方はこちらから
鈴鹿での出来事

時は遡り10月5日木曜日。
明日は夕方から鈴鹿サーキットへ向けての出発日。
今年はいつものメンバーに加え、友人の友人、又は近所の友達+その友達 等、計9名での大人数で鈴鹿へ行くことが決定しており、前日、前々日から私の携帯はその計画の為、普段の150%くらいの稼働率を誇っておりました。

そんな中、もちろんRED井君へもメールは送ります。
私:明日(金曜日)何時に学校終わる?
R:そんなに遅くはならないと思う。18時には終わるよう頑張る。
私:できれば18時には家におってほしいんやけど・・・。
R:了解。善処する。
私:遅れそうなら言ってくれ!とりあえず、できるだけ早くに富山から出たいから。
R:わかった。
ふぅ、これで金曜は富山出発までは問題ないな。と思っておりました。が、しかし!ここですでに俺は忘れておりました。
彼(RED井)が俺の予定通りの行動をしてくれたことは、今までに数えるほどしかないということを・・・。




10月6日金曜日。
この日私は社員旅行の日。昨年同様、日帰りの旅行を選び、帰り次第大沢野でRED井と合流という予定。
もちろん、旅行の間もチキン君、テルオ君達とこまめに連絡を取り合い、予定の最終チェック!
確か去年は俺がみんなの分(寝袋、ブルーシート、等々)の準備が遅れ、富山に出るのが遅れてしまい、なぜか自分の準備しかしていなく、運転もしないRED井にブチキレられ、逆に俺とカヌーでRED井に説教していた気がします。
そんなこともないように、今年は前日にすべての準備を終わらせ、また今年はドライバーは俺だけなので、旅行の間はほとんど睡眠にあて、無駄な体力の消耗を極力減らし夕方に備えたのであります。

そして問題の夕方!
社員旅行から解散になったのが予定より早く、17時10分。これは予定より早くでれる!と思い、RED井に電話!!
が、・・・出ない。
何度電話しても聞こえるのはプルルルの音だけ。留守電にもなりゃしない。
5回以上かけたでしょうか?家で準備してたり、準備が終わって風呂にでも入ってたり、俺が来るのを待ちくたびれて寝てるのかも?等と考えた私は、念のためRED井宅へ・・・。

確か、家に着いたのが17時半くらい。しかし、RED井宅は誰もいない。もちろん、RED井も・・・。
一応、迎えに行く約束だし、予定の18時よりも早いため待つことに・・・。
待つことに・・・。(17時45分経過)
待つことに・・・。(17時55分経過)
待つことに・・・。(18時を過ぎる)
未だ連絡なし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
やってくれましたこの男!このRED井という男、自分にとって都合が悪いとき、または自分が100%悪くて怒られることを確定しているときは、電話に出ず、メールを返さず、雲隠れをするのです!!

この時点で俺の怒りはMAXに!ここでテルオに何度目かの電話を。
俺:やっぱりあのアホでんわ。マジ意味わからん!
テ:もういいで、置いてけて。あいつももう大人やで!
俺:まあ、でももう少し待ってみるわ。一応行くとは言ってたし・・・。
テ:じゃあ、高専に行って、それでおらんだらもう来い。
とのことで、RED井に最後のチャンスを与える意味で、高専へ・・・。

ここでようやく、RED井から電話が。
先程の説明に追記しておきましょう。この男、ひたすら雲隠れをした後、みんなの怒りが静まったと勘違いしてか、よっこり連絡してきます。(だが、確実にその時はみんなの怒りがMAXに!!) そして、勝手に自分の解釈で物事を進めようとします。
R:もしもし
俺:お前、今どこにおるんよ?!(怒)
R:ごめん、鈴鹿1人で行ってくれん?
俺:お前、人の話を聞け!そして勝手に話を決めるな!!お前はどこにおるんよ?
R:高専
俺:で?今何しとるん?
R:今日中にレポート出すことになって、まだ終わらん。だから1人で行ってくれ。
俺:だから、勝手に話を決めるな!そのレポートは今日中に提出なんやろ?いつになったら終わるんよ!何時間かかるんよ?
R:いや、待ってもらうの悪いから、予定狂うし。俺今回は行かないわ。
(ここで彼は間違っております。時間は既に18時半を回っております。既に予定は狂いまくり、テルオ君と計画の修正を終えているところです。)
俺:もうお前のせいで予定は狂っとるんじゃ!俺は絶対意地でもお前を鈴鹿に連れて行くわ!!何時間で終わるんよ?!
R:2時間。
俺:絶対2時間で終わるやろな? 絶対やぞ! 100%終わるんだな?!
R:3時間。
俺:・・・。(ほらみろ、やっぱりサバ読みやがった) 3時間で終わるんだな?じゃあ、3時間俺は待つぞ! その代わり絶対終わらせろよ!!
R:わかった。ありがとう。ごめん。

ということで、RED井の迷惑劇場が開幕したのでありました。
しかし、これはまだまだ序章に過ぎなかったのです・・・。
とりあえず、今日はここまで。
次号「迷惑かけ士は迷惑に迷惑を上塗りする。」お楽しみに~。
[PR]
by 100231 | 2006-10-10 21:56 | 遊びまくり