過去から現在、そして未来へと・・・


by 100231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

埼玉~東京の出来事 その3

無事、keitaとも再会することができ、少し寝ることに・・・。

10:00 ようやく目を覚まし、行動を起こします。
まずは遅めの朝飯。久しぶりにマックで食う。
そして昼前には本日のメインイベントである、「FIBAバスケットボール世界選手権 準決勝」を見るために埼玉スーパーアリーナへ!!





c0082888_19414252.jpg

埼玉スーパーアリーナ付近はバスケ好きな人、警備員、外人、ダフ屋でゴッタ返しに・・・。
c0082888_19405591.jpg

メインアリーナです。その日の動員数は1万7千人でだったようです。
対戦カードは
アメリカ-ギリシャ
アルゼンチン-スペイン
まずは王者アメリカの登場です。なんか最初に見るのがもったいない気が・・・。

c0082888_2044199.jpg
c0082888_204587.jpg
c0082888_2051145.jpg

俺の大好きなB.ミラーです。(レジー・ミラーではありません)
彼は元インディアナペイサーズの一員だったんですよ。俺は当時からこいつは使えると思っていたのに、トレードに出しやがって・・・(怒)
しかし、こんなところで彼を見ることができるとは・・・!めっちゃ応援してやろうと心に決めていたのですが、残念ながら怪我で試合には出れませんでした・・・。

試合は序盤アメリカがペースを握るも、徐々にギリシャのピックアンドロールが利き始め、3Qからはアメリカのデフェンスが全く機能しなくなるほど、ギリシャの徹底的なチームオフェンスがアメリカを圧倒!
4Qのアメリカ意地の猛攻を守り抜き、ギリシャ初の決勝進出。
アメリカが負けるとは・・・。まさかの王者の試合展開に、楽観的だった会場全体の空気が途中からピリピリし始めていました。
そして最後は9:1かそれ以上の割合でアメリカの応援。会場全体からの必死のディフェンスコールも最後までアメリカには届かず、審判の笛が鳴った瞬間、会場から大きなため息が漏れた。
c0082888_206513.jpg

最後まで母国アメリカの勝利を信じてやまなかった、アメリカサポーター。
負けた後の荒れっぷりは酷かったです・・・。
c0082888_2083292.jpg

c0082888_20443557.jpg

一方、ギリシャサポーターは大騒ぎ!!
何たってあのアメリカに勝ったんだから!
この流れに便乗して、俺とkeitaもとりあえず騒ぎの中に・・・。ハイタッチして握手して。とっても陽気なおっちゃん達でした。

そして第二試合アルゼンチン-スペイン。
両チームのエースはNBAで活躍する選手。ポジションプレイスタイルは違いますが、NBAのチームでも大事な両選手。
アルゼンチン代表のジノビリはアウトサイドの選手。正確無比のパスと緩急のあるドライブ!そして相手を守りづらくさせる3Pシュート。 多くの武器を手に、スペインのディフェンスを翻弄する。
対して、スペイン代表のパウガソルはインサイドの選手。ゴール下の戦場でそのガタイとパワーを使ってシュートにリバウンドにブロックに大暴れする。アルゼンチンが勝つためにはゴール下でこいつに仕事をさせないことが一番の近道となる。
内容としては、予想した通り両エースが爆発!最後まで気の抜けない展開に。最終的には1点差でスペインが勝ったが、俺とkeitaはアルゼンチンのジノビリのプレイにクラクラでした。

この試合、もう1つ気になることが・・・。
c0082888_20215269.jpg

情熱の国スペインのサポーター。試合前から興奮しっぱなしのせいで、常に警備員が着いていました。

いや~、満足満足。
アメリカの心の強さと1対1での圧倒的な強さ。
ギリシャの徹底的なチームオフェンスとゲームコントロール。
アルゼンチンのスピードにスペインの爆発力。
そしてどのチームにもあった勝ちたいという強い気持ち。
スゲー参考になったと思います。また生で彼らのプレイを見てみたいものです。

明日はとうとう埼玉~東京の出来事最終回。東京観光編です
[PR]
by 100231 | 2006-09-06 19:57 |